神鷹(江井ヶ嶋酒造:兵庫県)

≪蔵元紹介≫

江井ヶ嶋酒造(兵庫県明石市)

明治21年創業。

 

初代社長のト部兵吉は、明治21年に江井島地区の酒造業者に呼びかけ、江井ヶ嶋酒造株式会社を設立。

同じ敷地内で7つの木造蔵があるのは日本でも珍しく、現在もなおそれぞれが別の役割を持っているが、7つの蔵すべてが使用されている。

また、それまで樽と徳利が主流だった酒の容器に瓶を導入したのも江井ヶ嶋酒造で、明治32年に自社で製瓶工場をもち、「日本魂」の一升瓶を他にさきがけて世に売り出した。

その後も、初代の情熱・探究心・精神は受け継がれ、常に時代の一歩先を行く新たな需要に対処できるよう研究開発を繰り返してきた。

清酒をはじめ焼酎やみりんのほかワイン、ウイスキー、ブランデーなどの洋酒部門にも積極的に取り組み、最新の設備と卓越した技術で優れた商品づくりに励み、今や『品質と信頼』を売る会社として酒のある豊かな生活のなかに大きく貢献している。


商品名 容量 価格
大吟醸35 (売り切れ) 720ml ¥3,960
純米吟醸山田錦 中取り(季節商品・売り切れ) 720ml ¥1,870
純米 水酛仕込み 720ml ¥980
1.8L ¥2,180
上撰 1.8L ¥2,055
パック 900ml ¥602
1.8L ¥1,053
純米新酒 寒しぼり(季節商品・720ml売り切れ 720ml ¥1,100
1.8L ¥2,420
純米 ひやおろし(季節商品・入荷しました! 720ml ¥1,092
1.8L ¥2,400
(価格は税込価格です/季節商品・限定商品は入荷しない場合もございます)2021/9/5